もうすぐ節分

setsubun02
こんにちはマイ暮らす千種覚王山店の事務の川口です

一月ももう終わりですね!!一か月はやっ!!笑
もうすぐ2月。3日は節分ですね。

節分とは…

本来、節分とは季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。ところが、旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日に相当する大事な日でした。そこで、立春の前日の節分が重要視され、節分といえばこの日をさすようになったのです。

昔は、季節の分かれ目、特に年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、さまざまな邪気祓い行事が行われてきました。おなじみの豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事です。

豆まき

鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられてきました。
鬼を追い払う豆は、五穀の中でも穀霊が宿るといわれる大豆です。豆が「魔滅」、豆を煎ることで「魔の目を射る」ことに通じるため、煎った大豆を使い、これを「福豆」といいます。
豆をまくのは、家長の役目とされ、その年の干支の年男、年女も吉とされています。家中の戸を開け放して「鬼は外!福は内!」と大きな声で唱えながら家の外と内に豆をまきます。豆をまいたら、鬼が入ってこないようすぐに戸を閉めます。

そのあと1年間無病息災で過ごせるよう、年の数だけ福豆を食べる風習があります。食べる豆の数は、新しい年の厄祓いなので満年齢よりも1つ多く食べる、いわゆる 数え年として1つ多く食べる、もともとが数え年と考え新年の分を加えて2つ多く食べる、満年齢のまま食べるなど、地方によって様々ですが、全部食べきれないという方は、梅干し、塩昆布、豆3粒を入れた「福茶」を飲む方法もあります。

今の時代は、スーパーのチラシを見ても豆よりも恵方巻き!!

恵方巻きとは…

恵方巻は、その年の恵方を向いて丸かじりすると願い事が叶い、無病息災や商売繁盛をもたらすとされる縁起のよい太巻きです。
大阪発祥の風習ですが、関西地方で親しまれ、現在は全国的な広がりをみせています。
恵方巻には、縁起よく七福神にちなんで7種類の具を入れ、巻き込んだ福を逃さぬよう丸ごと1本、恵方を向いて無言で食べきるとよいとされています。
また、太巻きを鬼の金棒(逃げた鬼が忘れていった金棒)に見立てて、鬼退治ととらえる説もあります。

日本古来からの行事の一つの節分。
うちも節分は豆まきをして、恵方巻きを食べて、元気によい一年を過ごせるようにしたいです!!

忙しい方の味方!!
マイ暮らす千種覚王山店は「家族代行サービス」を目指しています!

これからも、お客様に喜んでいただけるようなサービスを提供していきたいと思っております

詳しくはこちら

おそうじ本舗 名古屋大学前店/家事代行サービスのマイ暮らす千種覚王山店

千種を始め、名東区、昭和区、東区他、
名古屋市内、長久手市、日進市、豊田市、春日井市などなど、
他エリアもお気軽にお電話をお待ちしています( ^ ^ )/
繋ぎにくくなっていましたらもう一度お掛けください
0120-115-157

同じタグが付けられたマイ暮らすブログを見る

お問い合わせはこちら